Core
Service

多様な活用領域に
適応する
感情解析
サービス

  1. ITサービス開発/SIer向け

多様な活用領域に適応する感情解析サービス ESAS Core Service

世界中の人々の音声に含まれる感情を44種類の主要な感情パラメータに
分類してリアルタイムで数値として出力します。

ESAS Core ServiceはNemesysco社が提供する根幹のエンジンであるLVA7をベースに、より分かり易い形で多様な感情パラメータを出力するサービスです。
Core Serviceは活用領域の用途に応じて出力されるパラメータが異なる5種類のサービスに分かれており、コールセンター、パーソナリティ診断、人事面接、保険、セキュリティ、携帯アプリ、ゲーム、音楽、医療、自動車、ロボティクスなど、多種多様な業種業態で研究、活用されています。

  • リアルタイムで感情を読み解く

    出力される感情パラメータの数値からリアルタイムで感情を読み解き、様々な分野での活用が進んでおります。

  • 様々な媒体への適応

    ロボティクス、携帯、通録、音声認識などの組込サービスとしての活用が期待されています。

  • ノートPCで稼働

    CoreServiceは負荷の少ない汎用性のあるソフトですので、通常のノートPCのスペックでも稼働します。

Core Service
このようにご活用いただけます

  • 多様な活用領域での導入

    ESAS Core Serviceはビジネスパートナー様との検証、研究を通して多様な活用領域での導入が進んでおります。

多様な活用領域に適応する感情解析サービス

私たちESジャパンが提供するすべての音声解析ソリューションの根幹となる技術が、LVA(Layered Voice Analysis:階層型音声解析)です。
声の微妙な特性に反映されるさまざまな種類のストレスレベル、認知プロセス、および感情的反応を識別し、独自の数学的プロセスを使用して、声の中に隠された様々なタイプの感情パターンや異常を検出します。

音声をもとに通常では気がつかない会話の中での精神状態、感情の反応について識別・数値化を可能にするのがLVAテクノロジーです。
さらにそこで得た解析データを分かりやすく可視化するために用意されているのが「感情ダイヤモンド」です。

感情ダイヤモンドは、LVAテクノロジで検出された人間の感情的反応の主要な8項目の要素を視覚化したものでリアルタイムに表示されます。
論理的な判断と感情的な判断の強弱、熱意と弱気の葛藤などをつぶさに見ることが可能となり、様々な環境や場面におけるその人の特性を判断するための重要な指針となります。
ESAS Core Serviceでは、150を超える音声バイオマーカーから得られる数値を基に44種類の主要な感情パラメータに分類した上で解析することができます。
感情パラメータは用途にあわせて選択できるため、業種や業態にあわせた構成が可能です。
音声の活用を業務のベースとするコールセンターはもちろんのこと、セキュリティ、マーケティング、人事、医療と幅広い分野での新たな知見が開発されています。

音声感情解析ESAS

音声による
感情解析ソリューション

導入事例を見る