HR
Service

人事領域に特化した
感情解析サービス

  1. 採用・人事/企業活動向け

人事領域に特化した感情解析サービス

音声に含まれる深層感情から恣意性が排除された客観的なパーソナリティを診断します。

ESAS HR Serviceは音声に含まれる感情からパーソナリティを診断します。診断は自己申告に基づかないため、恣意性が排除された客観的な4種類のタイプ(活発で感情的/活発で論理的/慎重で感情的/慎重で論理的)に分類します。
また、面接の質問に対する回答者の感情の推移を可視化することにより、深層感情の反応を基にした「本音」のパーソナルテストを実施することが可能になります。社交性やコミュニケーションスキル、業務適正、責任感、成長意欲などの情報を採用前に把握することができます。

  • パーソナリティ(人間性)を診断

    採用前に応募者のパーソナリティ(人間性)を診断できます。

  • 様々な人材の適正配置

    パーソナリティ診断の結果を基に人材の適正配置が可能になります。

  • キャリアプランの構築

    パーソナリティに合わせた研修プラン、キャリアプランの構築ができます。

HR Service
このようにご活用いただけます

  • 最適な採用/配属

    採用時に「慎重で論理的なタイプ」=ミスをしないことを重視する業務、「活発で感情的なタイプ」=お客様対応がある業務など、適正に合わせて最適な採用/配属をすることが可能となります。

  • 早期離職リスクを低減

    管理者や長期就業者のパーソナリティに合わせて、業務にあう人材のパーソナリティを設定し、該当部門に最適な人材の配置が可能となり、早期離職リスクを低減します。

  • 研修効率も向上

    人材のパーソナリティに合わせた研修プランを実施することで習得までの時間を短縮することができます。
    パーソナリティが同じ研修担当者を付けることで研修効率も向上します。

人事領域に特化した感情解析サービス

  • パーソナリティ診断

  • 人事採用面接解析

パーソナリティ診断

古代ギリシャ時代からパーソナルテストは存在していました。
「医学の父」ヒポクラテスによるパーソナリティ理論では、人間には4つの基本性格タイプがあると分析されています。

  • 冒険的で楽しみ志向
  • おちつきがありリラックス
  • 直接的で目標指向
  • 控えめで分析的

ESAS HR Serviceは従来とは全く異なるアプローチで音声に含まれる感情からパーソナリティを診断します。
自己申告に基づかないので恣意性が排除され、客観的な判断にて以下の4種類のタイプに分類します。

  • Energetic & Logical 活発で論理的
  • Energetic&Emotional 活発で感情的
  • Stress&Logical 慎重で論理的
  • Stress&Emotional 慎重で感情的

パーソナリティ診断のサービスは人事採用面での活用に留まらず、最近ではパートナー様による相性マッチングサービス、携帯アプリに搭載したBtoCサービスなど多方面での活用が進んでおります。

人事面接採用

パーソナリティ診断機能の他に面接時の多様な質問に対する回答者の感情の推移を可視化する機能をご提供します。
従来の試験方法では事前対策が可能であり、また自己申告では回答者自身の意図で恣意的に結果を左右できるのに対し、このサービスはコントロールができない深層感情の反応を基にした「本音」のパーソナルテストを実施することが可能です。
社交性やコミュニケーションスキル、業務適正、責任感、成長意欲、行動力など職種に合わせた質問の設定が可能となっています

音声感情解析ESAS

音声による
感情解析ソリューション

導入事例を見る